EDのセルフチェック方法と里芋などでの改善

勃起障害またはEDと呼ばれる症状は、男性の性機能障害の一つになります。
勃起の発現あるいは維持のできない状態のため満足に性行為が行えない、または有効な勃起が得らないため性行為ができないことです。
原因は様々なことが考えられ、精神的なものや器質性のものあるいは両方、薬の副作用によって起こるものなどが挙げられます。
EDは完全に勃起ができない状態だけではなく、維持できない状態のこともいいます。
セルフチェックをするためのチェック表自分ではEDかどうか判断できない場合には、セルフチェックすることで判断することができます。セルフチェック方法としては、問診から度合いをチェックすることが一般的です。
問診は勃起を維持する自身や性的刺激によって勃起した場合、どれくらいの頻度で挿入することができる固さになるか、挿入後にどれぐらいの頻度で勃起を維持できるのか、終了するまで維持するのはどれだけ困難だったかなどをチェックしていきます。
加齢で疲れているためEDになっているのではないか、という場合には食べ物や生活習慣を改善することで勃起障害を改善することを期待できます。
山芋や里芋などムチンやアルギニンという成分が含まれており、性ホルモンを活性化させる効果があるとされています。
他にもオクラやなめこ、レンコン、モロヘイヤなどにも含まれているため、これらの野菜を意識して摂取することが大切です。
脂質や糖質の多い肉類や炭水化物ばかりを食べていると、脂肪がつきやすく肥満につながり勃起障害を起こしやすくなります。
食生活を見直して改善していくのと同時に、運動不足や睡眠不足、ストレスなどを解消して生活習慣を見直していくことも重要だとされています。
病院に行って治療することも可能ですが、まずは生活の見直しから始めることが大切です。