EDの薬を半分に割って服用する・製薬会社の種類

錠剤タイプの飲み薬錠剤タイプで出回っているEDの薬ですが、実は半分に割って服用しても構わないことになっています。
基本的に日本においてはバイアグラなら25mgと50mg、レビトラとシアリスだと10mgと20mgといった風に、それぞれ2種類の成分量を1錠の中に含んだ状態で処方してもらえます。
例えば25mgのバイアグラが適量だとするなら、1錠50mgで処方してもらい、それを半分に割ることで約25mgに調整することが可能です。
25mgの錠剤が50mgの半分の薬代で売られている訳ではないため、この方法を用いればとても経済的にバイアグラの利用が可能です。レビトラやシアリスにおいても、同様のことができます。
しかし、錠剤を正確に半分に割って、ちょうど10mgや25mgに調整するのは至難の業です。
ピルカッターを使えば綺麗に割れることもありますが、上手く行かずに粉々に砕けてしまい、1錠分を台無しにしてしまっては逆に無駄な費用を掛ける結果になります。
基本的にバイアグラなら50mg、レビトラやシアリスなら20mgまで服用しても安全性が高いため、量が多くなっても心配はいりません。
薬代が高く感じるなら、バイアグラに限り、価格の安いジェネリック医薬品を病院で処方してもらえますので、お医者さんに相談してみましょう。
バイアグラの製薬会社はアメリカのファイザーです。レビトラはバイエルで、元々ドイツの製薬会社でしたが、現在では日本の会社と事業統合して日本に本社が存在します。
シアリスはアメリカのイーライリリーです。ファイザーもイーライリリーも日本へ進出しており、現地法人を構えています。
バイアグラのジェネリック医薬品は、日本の東和薬品とキッセイ薬品、あすか製薬、陽進堂や武田薬品など、多数の製薬会社が販売を開始しています。